Tender Surrender

SNSのオープン化

SNSをオープン化する動き

Facebookの開発者向けプラットフォーム公開に始まったSNSのオープン化は、さらに加速度を増しています。Facebookの対抗と言わんばかりに登場したGoogle主導のOpenSocial。Facebookが自社サービスをプロプライエタリな基盤にする動きであったのに対し、Googleはその他大勢の連合を擁して、基盤の標準といえる規格を作りました。

両者のこの動きは、外部サービスをSNSの一部であるかのように取り込むという意味で共通しています。

SNSアグリゲートサービス

日本でSNSというとmixiを代表とした日記交換サイトがイメージされがちですが、Twitterのように一方通行の「Follow」が可能なものや、Flickr、Lastfm等のジャンルに特化したものもSNSと呼ぶことができます。

最近FriendFeedのように、こういった各種SNSをアグリゲートすることに特化したサービスも登場してきました。サービスに各種SNSのIDを預けることで、フィードのアグリゲーションが行われ、ユーザーはそのサイトさえ追いかけていれば必要な時だけ連携サービスを見に行くことができるようになります。

このように、ウェブの求める方向性はSNSの登場以降、IDがウェブ上のあちこちにあったとしても、使っている本人は一人であり、友達も同じなのだから、まとめちゃえばいいじゃん、にシフトしてきています。

DataPortability

DataPortabilityはそんな各SNSサービスに囲い込まれつつあるデータを解放して相互に利用できるようにしよう、という動きです。

DataPortability – Connect, Control, Share, Remix from Smashcut Media on Vimeo.

DataPortability – Join The Conversation from Smashcut Media on Vimeo.

詳細は僕もつかみきれていませんが、MySpaceのData Availability, FacebookのFacebook Connect, GoogleのFriend Connectと役者が揃ってきました。それぞれがどういう特徴を持っているのかを、追って紹介していきます。

comments powered by Disqus