Tender Surrender

gooホームサンドボックス立ち上げと丁度タイミングが合ったこともあり、gooとOpenSocial Japanコミュニティリクルートメディアテクノロジーラボ共同開催で、OpenSocial Hackathonを開催することになりました。

Hackathon(ハッカソン)とは、Hack(ハック)とMarathon(マラソン)を組み合わせた造語で、参加者をグループに分け、その場で実際にコーディングを行いながらソフトウェアを作りあげていくものです。

これまでにもGoogleを中心に数回開催されていましたが、今回はgooホームサンドボックスをコンテナにしてやってみようというものです。


主催: gooホーム、リクルート メディアテクノロジーラボ、OpenSocial-Japanコミュニティ
** 日時: 2009年4月24日(金) 10:00〜18:00 (開場:09:30)
** 場所:
リクルート メディアテクノロジーラボ
** 人数:** 35名
** 条件: **

※ 参加者の方は4月14日に事前ミーティングも行いますので、ご参加ください。
** 日時:** 2009年4月14日(火) 18:30〜20:30 (開場:18:00)
** 場所: リクルート メディアテクノロジーラボ
** 内容:
Hackathonでのチーム分け等の手続き、アイディアの意見交換


参加をご希望の方は、下記2つのサイトにて登録を行ってください。

http://atnd.org/events/472

http://groups.google.com/group/opensocial-hackathon-0424
↑こちらに記載してある詳細をよくお読みください。

 

当日はOpenSocial入門を執筆されたよういちろうさん川崎有亮さん、Googleの方、そしてもちろん僕もチューターとして参加します。

OpenSocialに興味がおありの方は、ぜひご参加ください!

 

Read on...

3月26日、gooホームでOpenSocial対応に向けたサンドボックス環境を提供開始しました。

主な機能は下記の通り:

  • 基本的API(People、AppData、Activity)
  • homeビュー、canvasビュー、profileビューに対応
  • ユーザー属性情報ごとのプライバシー対応
  • requestCreateActivity、requestPermission、requestSendMessage、requestShareApp等の口コミ機能をすべて網羅
  • gooホーム絵文字フィーチャー
  • opensocial-jqueryフィーチャー

日本語であることはもちろんですが、仕様のカバー率という意味では、初めてOpenSocialに触れる方にとって、既存のどのコンテナより理想的な環境と自負しております。

また、ドキュメントはかなり力を入れて書きました。パーミッション周り等はなかなかちゃんと書いてあるドキュメントがないため、参考になると思います。ぜひご一読ください。

goo Developer’s Kitchenディベロッパードキュメント

 

 

サンドボックスへの登録はこちらから

goo Developer’s Kitchen

Read on...

先日のキャッシュに関する記事でPHP版Shindigではcontent-rewrite機能が使えないと書いたのですが、1.0.xの段階で、既に実装されているようです。

content-rewrite機能はOpenSocial0.9で提案された機能ではありますが、0.8や0.7でも実行できそうです。

使い方はこんな感じ。

<Optional feature="content-rewrite">
  <Param name="expires">86400</Param>
  <Param name="include-url"></Param>
  <Param name="exclude-url">excluded</Param>
  <Param name="exclude-url">moreexcluded</Param>
  <Param name="minify-css">true</Param>
  <Param name="minify-js">true</Param>
  <Param name="minify-html">true</Param>
</Optional>
  • expires: キャッシュの有効期限を秒で指定。デフォルトは86400秒(24時間)。
  • include-url: キャッシュしたい外部コンテンツのURLを指定。”*”アクタリスクが使える。”.gif”などとすると、前後にアスタリスクがあるものと想定される。繰り返し可。
  • exclude-url: キャッシュしたくない外部コンテンツのURLを指定。適用方法はinclude-urlと同じ。
  • minify-css: CSSファイルの内容を圧縮してキャッシュするかどうかを”true”または”false”で指定。デフォルトは”true”
  • minify-js: JSファイルの内容を圧縮してキャッシュするかどうかを”true”または”false”で指定。デフォルトは”true”
  • minify-html: HTMLファイルの内容を圧縮してキャッシュするかどうかを”true”または”false”で指定。デフォルトは”true”

exclude-urlがinclude-urlよりも優先される。”*”はすべてのURLを指定。詳細な動作はコンテナ依存。

これで、開発がもう少し楽になりますね

Read on...

来る2月12日、13日に目黒雅叙園にてDeveloper Summit 2009が開催されます。

中でも、12日17:40からOpenSocialパネルディスカッション 2009年、OpenSocial普及元年に「これから」を大予言にご注目。

最近「OpenSocial入門」を執筆された田中洋一郎さん、リクルートの川崎有亮さん、mixiから小山浩之さん、Googleの石原直樹さん、白石俊平さん、矢野りんさんに加え、僕もパネラーとして登壇することになりました。

今年はいよいよmixiやgoo、OpenPNEなど、日本でも複数のOpenSocial環境が利用できるようになるいわば元年です。OpenSocialが今後ウェブにとってどういう役割を果たして行くのか議論する予定です。ご興味のある方はぜひ、ご参加ください。

参加の申し込みはこちらから

Read on...