Tender Surrender

今更ですが、先日サンフランシスコで開かれたGoogle I/Oに参加してきました。

その中でも特に印象に残ったのが、PlaxoのJoseph Smarr氏によるOpenSocial, OpenID, and OAuth: Oh My!というセッション。僕が見たセッションの中ではダントツの人気で、部屋に用意された椅子はもちろん、立ち見で人が溢れ返るほどの盛況ぶり。

内容は、ソーシャルウェブの未来について。現在はOpenSocialというソーシャルグラフを所有するサービスに閉じた世界が中心となりつつありますが、少し未来のウェブはOpenSocial, OpenID, OAuth, PortableContacts等の技術によって、よりグローバルな意味でのソーシャル化が図れるようになる、というものです。

詳細はGoogle Codeにビデオとスライドがアップされていますので、ご覧ください。かなり早口ですが、大変面白い内容です。

OpenSocialとFriendConnectの持つ意味

OpenSocialにはv0.7まで、JavaScriptのAPIしか存在していませんでした。これはOpenSocialコンテナにとっては外部サービスからガジェットとしてアプリケーションを追加してもらい、そのOpenSocialコンテナが持つソーシャルグラフに閉じた形で利用されるものでした。アプリケーション開発者はOpenSocialのJavaScript APIを使い、ガジェットが置かれているコンテナサイトの友達リストを取得し、そこでアプリケーションを動かすことができます。もちろん、ガジェットを自分のサービスドメイン上でホスティングすることも可能ですが、ガジェットはコンテナ上でしか動作せず、友達リストを外部サービスとしてインポートしたりといったことも不可能で、実質的に囲い込みサービスしか生まれないものと言えたでしょう。

それがOpenSocial v0.8 + FriendConnectによって一気に世界を広げます。ユーザーはFriendConnect対応サイトを利用するに当たり、OAuthを使って自分が利用したいSNSサービスを選ぶ権利が与えられています。同時に、そのサイト上での活動内容は連携を選択したSNSサービスに戻されます。

ここでソーシャルサービスの要素を思い出してください。

  1. アイデンティティ
  2. ソーシャルグラフ(友達リスト)
  3. エントリの公開範囲の制御(プライバシー)
  4. フィード

FriendConnectはアイデンティティをOpenIDで、ソーシャルグラフをOpenSocial v0.8のRESTful APIで、エントリの公開範囲の制御をOAuthで、フィードをActivity Streamで解決しようとしています。

これらの意味するところを深く見つめて行くと、未来のソーシャルウェブが自ずと見えてきます。

Joseph Smarr氏(Plaxo)による未来のソーシャルウェブ論

FriendConnectのイメージをさらに深めるため、Joseph Smarr氏が、PlaxoのFriendConnect対応に際してアップしていたブログエントリをご紹介します。

Plaxo and FriendConnect are now Best Friends

Plaxoが完全にFriendConnectと連携した。FriendConnectとは、あらゆるサイトをソーシャル化する、Googleによるウィジェットベースのツールである。これにより、FriendConnectに対応していれば、どんなサイトでもPlaxoアカウントに安全に接続し、サイト上に自分の友達がいるかを確認したり、友達を招待したりといったことができるようになる。何よりも素晴らしいのは、そのサイトでの活動内容をPulseに流し込むことができるようになり、Plaxoでの友達がウェブを跨いであなたと連絡を取り合うことができ、あなたが発見した新しいサイトを知ることができる点だ。

これは本当に便利でわくわくする連携機能だ — これはユーザーが自分のアイデンティティと関係をウェブ上のどこでも利用できるようにし、新しいサイトで知人を見つけ出し、活動内容を既存の友達に共有し、よりソーシャルな発見と共有という徳の高いサイクルを生み出す、シームレスソーシャルウェブエコシステムにさらに近付いたと言える。これこそソーシャルウェブの進むべき道だ — (現在あるほとんどのサービスがそうだが)新しいソーシャルサイトを使い始める度に最初からやり直さなければならないなんてとんでもない。あなたの新しい体験全てが、他の人をも魅了すべきだ。

これはサービスがユーザーに自分の持つデータの制御を与え、オープンスタンダードを使って安全なアクセス権を提供することによってのみ成り立つ。そしてこれこそまさに、PlaxoがFriendConnectを使ってやりたかったことだ。Plaxoアカウントを接続する際、我々はOAuthを使う。そのため、Plaxoのパスワードを渡す必要もないし、後で接続を断つことも可能だ。FriendConnectを使ってあなたが活動内容をPulseに共有する際は、OpenSocial 0.8 RESTful Activities APIを利用する。オープンスタンダードではない連携はアドレス帳APIのみであり、我々はこのスタンダードについても取り組みを開始している。我々はアイデンティティプロバイダとして、ソーシャルグラフプロバイダとして、そしてコンテンツアグリゲータとしての役割を果たしていると強く信じている — つまり、我々はユーザーが自身のデータと関係性をウェブ上のどこにでも持ち回り、どこからでも共有できるようにしている — これはユーザーにとっても、Plaxoにとっても、ウェブ全体にとっても有益なことだ。だが、まだこの取り組みは始まったばかり — FriendConnect対応サイトから活動内容を共有する際、家族や友達、仕事関係など、共有相手をより細かい粒度で制御するなどの、更なる拡張を楽しみにしていて欲しい。

下のスクリーンショットはPlaxoとGoogle FriendConnectの連携したものだ — FriendConnectを利用しているサイトでも体験してもらうことができる。

画像は実際のページをご覧下さい。

まとめ

ガジェットコンテナとしてのOpenSocialには正直、懐疑的な部分があったのですが、FriendConnectの描く未来を想像し、またわくわくしています。今後もこの辺りの動向を追って行きます。

追記

似たような話題に触れた記事を見つけたので追記し、トラバっておく。(失敗したので断念○ _)

グーグルが見たソーシャルネットワーキング–その3つの傾向:スペシャルレポート – CNET Japan

Read on...

これまで公開していたOpenSocial RESTful API Proposalの翻訳を、OpenSocial v0.8仕様のリリースで公開されたOpenSocial RESTful API Specificationに置き換えました。

ただし部分更新処理の項目についてはTBD(To Be Determined)のままになっています。問い合わせしているので、最新版に更新され次第アップします。

Read on...

OpenSocial v0.8のRESTful API仕様では、オートディスカバリにXRDS-Simpleを利用するよう規定されています。

他方、OpenSocial v0.8で利用されるRESTful APIはAtomPub形式となっており、AtomPubではService Documentを利用するよう規定されています。

これではコンテナサイトがどちらを使うのか、両方使うべきなのか疑問が残ってしまいます。この件について、Google GroupsのOpenSocialの仕様を検討するグループ質問を投げてみました。

質問

コンテナサイトはAtomPubのService DocumentとXRDS-Simple、どちらを採用すべきなのでしょうか?両方サポートすべきでしょうか?

David Primmer氏の回答

AtomPubのService DocumentはURLの一部をテンプレート的に定義して変数を当てはめる用途には向いていない。ある程度固定されたURL上で指定することを想定されているようだ。
その点、XRDS-Simpleは空白に値を埋める形でURLをディスカバリできる点で優れている。

この点に関しては、AtomPubのPerlライブラリを実装されたたけまるさんも指摘されていて、XRDS-Simpleを利用する方が合理的であるという点では一致しています。

ただ、仕様に適合しないという意味では気持ちの悪いものであることは間違いなく、この点をどこかで解決できないかと考えています。先ほど紹介したGoogle Groupsで「AtomPubの仕様作成者に仕様変更の提案を行う予定はあるか」との質問を投げたのですが、その後応答はありません。

現時点でRod Yatesという方からこちらの仕様書から適用できるのではないかとの提案を頂いているので、AtomPub識者の方と相談して何かしらの働きかけを行っていこうと思います。

Read on...

OpenSocialのコンテナと言えばShindigですが、PHP版は既にOpenSocial v0.7への対応を完了しています。Partuza!はPHP版Shindigの開発者であるChris Chabot氏がオープンソースで開発したShindig対応SNSです。

Shindigがコンテナなのに、じゃあPartuza!は何をするの?と思われるかもしれません。今回はインストール方法と、Shindigとの関係について解説します。

Partuza!をインストールする

Shindigのインストール方法は以前解説しましたので、ここでは割愛します。仮に、Shindigが~/shindig配下にインストールされ、http://localhost:8080/gadgets/…でアクセスできるものとします。

まず、環境としてApache、PHP5(要mcrypt)、MySQL5が必須となります。

レポジトリからチェックアウト

Google CodeのレポジトリからSVNでチェックアウトします。

> svn checkout http://partuza.googlecode.com/svn/trunk/ ~/partuza

データベースを用意

適当なデータベース名、ユーザー名、パスワードで空のDBを作ってください。ひとまずここではそれぞれ、partuza、root、パスワードなしとします。この状態で、~/partuza/partuza.sqlをダンプします。

> mysql -u root partuza < partuza.sql

DocumentRootを設定

Apacheの設定(httpd.conf)でDocumentRootを~/partuza/htmlに設定し、http://localhost/でアクセスできるようにします。もちろん、Shindigとは別ドメインを用意する必要がありますので、バーチャルホストを使う等してください。

設定ファイルを修正

~/partuza/html/config.phpを編集します。ここでは先程作成したデータベース関連の情報とガジェットサーバーのルートURL(gadget_server)を設定します。ガジェットサーバーのURLが、ここではShindigのURLとなりますので、http://localhost:8080/になります。

データベースハンドラをコピー

~/partuza/Shindig/PartuzaDbFetcher.phpと~/partuza/Shindig/PartuzaHandler.phpを~/shindig/php/src/socialにコピーします。

> cp ~/partuza/Shindig/Partuza* ~/shindig/php/src/social

Shindigのデータベース設定を修正

~/shindig/php/src/social/PartuzaDbFetcher.phpにもデータベース関連の情報があるので修正します。加えてShindigがデータベースハンドラを利用するよう、~/shindig/php/config.phpも修正します。ここでは、”handlers => PartuzaHandler”としてください。

これで一通りの準備は完了。http://localhost/にアクセスしてウェルカム画面が出れば成功です。このまま登録し、Orkutライクな一般的なSNSとして利用することができます。

Partuza!とShindigの関係

OpenSocialのガジェットがiframeを介して表示されていることは以前も解説しましたが、簡単に言ってしまえば、iframeの手前がPartuza、後ろがShindigになります。Shindigでは以前から下記のURLにアクセスすることで簡易的なHTMLからOpenSocialぽい表示を行うことはできていましたが、Partuzaを使うことで完全なSNSとなります。

http://localhost:8080/gadgets/files/samplecontainer/samplecontainer.html

とはいえ、PartuzaHandlerを指定したところからも想像できるように、データベースは共有されます。なお、Chris Chabot氏のサイトで実際に動いているものを確認することができます。

Partuza!を使うことで、どうすればShindigをSNSに組み込むことができるかの解析をすることができるだけでなく、そのままちょっとしたSNSを開発することもできてしまいます。ぜひお試しください。

Read on...