Tender Surrender

OpenSocialコンテナにもOrkut, hi5, MySpaceだけでなく、iGoogle, hyves, Netlogなどが登場してきました。

それぞれのSNSには特徴がありますが、仕様をいちいち調べたり、開発に当たって動作確認を行うのは面倒です。現在OpenSocial v0.8は登場したばかりということもあり、ほとんどがv0.7対応のものですが、v0.7への対応状況を確認できるガジェットというのがあります。

http://opensocial-resources.googlecode.com/svn/tests/trunk/compliancetests.xml

これで開発も少しは楽になるのではないでしょうか。

Read on...

ことえり変換

変換中に

  • Ctrl + j : ひらがなに変換
  • Ctrl + k : カタカナに変換
  • Ctrl + l : 全角英数に変換
  • Ctrl + ; : 半角英数に変換

カーソル移動等

Vimと違うので使いやすくはないけど・・・

  • Ctrl + p : 上
  • Ctrl + n : 下
  • Ctrl + b : 左
  • Ctrl + f : 右
  • Ctrl + k : 行削除
  • Ctrl + y : ペースト
  • Ctrl + a : 行先頭に移動
  • Ctrl + e : 行末に移動

キャプチャ

Command + Shift + 3で全画面キャプチャは言うまでもないけど、

Command + Shift + 4で範囲指定キャプチャ。キャプチャしたい範囲をドラッグしながら

  • Space : キャプチャ範囲をそのまま移動
  • Shift : カーソルを動かした方向以外を固定して領域を変形させる
  • Option : 領域の中心を基点に形を変形させる
  • Ctrl : キャプチャ範囲をクリップボードにコピー
  • Esc : キャプチャをキャンセル

QuickLook

画像QuickLookで

  • Option + クリック : 拡大
  • Option + Shift + クリック : 縮小
  • Option + ホイール : 拡大/縮小

PDFQuickLookで

  • Command + プラスキー(Command + Shift + ;) : 拡大
  • Command + マイナスキー : 縮小

Dashboard

Optionを押しながらマウスオーバーでウィジェット削除の×印が出る(いちいち画面左下の+をクリックしなくてよい)

その他

  • Ctrl + Shift + Eject : ディスプレイを切る
  • Command + Option + Esc : 強制終了
  • Command + Option + Ctrl + Eject : OSシャットダウン**
  • Ctrlを押しながらマウスホイールをグリグリ : 画面の拡大/縮小(結構感動的)**
  • SafariのタイトルバーをCommand + クリック : 同じサイトのURLを上位階層に移動
  • (たぶん全てのアプリで)Command + F1 : 同じアプリのウィンドウを順番に行き来

その他、集めたTipsの参考サイトはこちらに色々あります

Read on...

最近のMac OS X用アプリには、自動的に更新をチェックしてアップデートしてくれるものも少なくありませんが、常に最新版を使いたい人にとって、そうでないアプリを管理するのは面倒なもの。チェック方法としてVersionTrackerや、デスクトップアプリケーションのLogicielMac Updateといった選択肢がありますが、いずれも今日紹介するコンボと比較すれば、つまらないものに思えてきます。

iusethis.com

iuserthis.comは使っているMac OS X用アプリを登録して共有するSNSです。

サイトにサインアップしてからimakeprofileというアプリを使うと、Macにインストールしてあるアプリを自動的にスキャンして、自分が主に使用しているアプリをiusethis.comに登録することができます。使用しているアプリが未登録の場合は、自分で追加することも可能。

登録したアプリは、サービスが最新版の情報を取得するので、更新が可能かどうかを調べることができます。もちろんレビューや、誰がそのアプリを使用しているのかを確認することもできます。さらには簡易的なSNS機能として、TwitterのようなFollow機能があるので、他の人のアプリ使用状況を追跡することもできます。

ちなみに僕が使用しているアプリはこんな感じ。

Facebookアプリも提供されているので、「俺こんなアプリ使ってんだぜ!」と叫びたいニーズも満たしてくれます。そのうちきっとOpenSocialにも対応してくれるでしょう。

AppFresh

AppFreshiusethis.comと連携して使えるソフトウェア更新ツールです。iusethis.comのデータベースから自動的に最新版を確認して、どれが更新できるかを知らせてくれます。その場でダウンロードからインストールまでまとめて行うこともできますし、ダウンロードのみ行うこともできます。Growlに対応しているので、ダウンロードやインストールが完了すると通知もしてくれます。

まとめ

AppFresh / iusethis.comは、SNSの楽しさで集めたユーザーに、アプリ開発者やサイト管理者の煩雑な作業を集合知として解決してもらうことで、くまなく幅広いアプリケーションの更新情報を提供可能とした最強のコンボと言えるのではないでしょうか。

※ちなみに、アプリの自動更新チェックには、RSS2.0のenclosureにアプリのリソースURLを入れるAppCastなるプロトコルが使われるケースが多いようです。

Read on...

SNSをオープン化する動き

Facebookの開発者向けプラットフォーム公開に始まったSNSのオープン化は、さらに加速度を増しています。Facebookの対抗と言わんばかりに登場したGoogle主導のOpenSocial。Facebookが自社サービスをプロプライエタリな基盤にする動きであったのに対し、Googleはその他大勢の連合を擁して、基盤の標準といえる規格を作りました。

両者のこの動きは、外部サービスをSNSの一部であるかのように取り込むという意味で共通しています。

SNSアグリゲートサービス

日本でSNSというとmixiを代表とした日記交換サイトがイメージされがちですが、Twitterのように一方通行の「Follow」が可能なものや、Flickr、Lastfm等のジャンルに特化したものもSNSと呼ぶことができます。

最近FriendFeedのように、こういった各種SNSをアグリゲートすることに特化したサービスも登場してきました。サービスに各種SNSのIDを預けることで、フィードのアグリゲーションが行われ、ユーザーはそのサイトさえ追いかけていれば必要な時だけ連携サービスを見に行くことができるようになります。

このように、ウェブの求める方向性はSNSの登場以降、IDがウェブ上のあちこちにあったとしても、使っている本人は一人であり、友達も同じなのだから、まとめちゃえばいいじゃん、にシフトしてきています。

DataPortability

DataPortabilityはそんな各SNSサービスに囲い込まれつつあるデータを解放して相互に利用できるようにしよう、という動きです。

DataPortability – Connect, Control, Share, Remix from Smashcut Media on Vimeo.

DataPortability – Join The Conversation from Smashcut Media on Vimeo.

詳細は僕もつかみきれていませんが、MySpaceのData Availability, FacebookのFacebook Connect, GoogleのFriend Connectと役者が揃ってきました。それぞれがどういう特徴を持っているのかを、追って紹介していきます。

Read on...

以前インストール方法をご紹介した(Java版PHP版)Shindigですが、ようやくPHP版も使えるレベルになってきましたので、ソースを読み解いてみました。なお、Java版の方が実装は進んでいますが、今回はPHP版に限った話ですのでご注意ください。

Shindigとは何なのか

そもそも、の話です。

Shindigはひとことで言うと「OpenSocialコンテナのサンプル実装」です。これをダウンロードして動かすだけで、iGoogleガジェットとOpenSocialガジェットの動作テストを行うことができます。実際はOpenSocialを広く普及させるよう、数多あるSNSがShindigを参考に、もしくは流用してOpenSocialに対応することを目的にしています。

主なディレクトリ構成

  • config: コンテナ設定
  • features: 各種機能セット(JavaScriptコード)
  • java: Javaソースコード
  • javascript: HTML, JavaScriptコード
  • php: PHPソースコード

ディレクトリ解説

config

container.jsというファイルがコンテナのデフォルト設定となり、プロキシやOpenSocial APIのパス等の設定を行います。設定を変更したい場合はこのディレクトリにファイルを追加して、必要な部分のみをJSON形式で追記すれば、デフォルト設定が引き継がれます。なお、JSON形式なのは、PHPやJavaだけでなく、他の言語からも読み込むことを想定しているためと思われます。(Perl版やRuby版のShindigも開発される予定だそうです。)

features

ガジェットXMLに<Require features=””>という形式で記述される機能(features)をセットとして読み込みます。featuresディレクトリ内は機能セットごとにさらにディレクトリに分けられていて、各ディレクトリにあるfeatures.xmlファイルで必要なJavaScriptライブラリセットが指定されています。

php

PHPのソースコードはJava版を参考にしているためか、あまりPHPらしくない実装になっています。

まずMVC形式を取っていません。オブジェクトの分け方は色々な方法がありますが、ウェブアプリケーション的なものと言うよりは、Java的な方法で(?)機能や設定ごとに、非常に細かく分けられています。メンバ変数にいちいちget〜やset〜メソッドを用意しているのもJavaっぽい。

PHPへのリクエストはリライトされ(.htaccessファイルで指定)、すべてindex.phpに読み込まれます。index.phpはリクエストのパラメータに応じて処理を6種類のサーブレットに振り分けます。

  • 静的ファイル(/gadgets/files)
  • JavaScript(/gadgets/js)
  • プロキシ(/gadgets/proxy)
  • ガジェット(/gadgets/ifr)
  • メタデータ(/gadgets/metadata)
  • OpenSocial API(/social/data)

クラスのインクルードは__autoloadが使用されているため、ほとんど書かれていません。

config.phpには各種ファイルへのパスなど、設定が記述されています。(config/container.jsとは別物です)

なお、Shindigはデータベースを使っていないので、キャッシュは/tmpディレクトリ、設定はcookie、友達リストは静的XMLファイルでそれぞれ管理されます。

まとめ

ソースコードは一見シンプルですが、かなり複雑です。Java的な実装方法に加え、他言語版Shindigとの設定等の共有を想定した汎用化など、オプティマイズする余地はかなりありそう。PHP版Shindigを既存フレームワークに取り込むのは難しくはありませんが、あくまでも参考にする程度にした方がいいと思われます。

なお、今のところOpenSocialバージョン0.7対応ですが、まだまだバグも存在しています。バージョン0.8の機能仕様が出揃ってきたところですが、Shindigでの対応は時間差が出そう。

OpenSocial APIは実装されていますが、ShindigでOpenSocial機能が使えるようになったというには、まだまだ足りない感じ。あとはOAuthとか、RESTful APIとか、、、。

Read on...