Tender Surrender

今の会社に勤め始めて、はや4年8ヶ月が経過しました。

ポータルサイトをまるごとソーシャル化したいとの野望を持って入社し取り組んだプロジェクトでは、サービスを跨いだプロフィールやソーシャルグラフの共有、日本初のPC向けOpenSocialコンテナの実装など、他の会社ではなかなかできないであろう体験をさせてもらいました。またその間、OpenSocialのGoogle API Expert就任とコミュニティの運営、Shindigのコミッター就任、SocialWeb Japanの運営など、ディベロッパー・エヴァンジェリストとしての活動も並行して行って来ました。まさにソーシャルウェブ馬鹿な数年間だったと思います。

一方世間はというと、日本では昨年からmixiやモバゲー、GREE、Yahoo!といった巨大サイトが次々とソーシャルアプリに対応、市場も生まれ、まさにゴールドラッシュ。海外ではFacebook Connect、OpenID Connect、Distributed SocialWebなど、こちらも着々とソーシャルウェブの次のステップに向けて進んでいます。

翻って自分の今後の方向性を考えた時、今の立ち位置で本当にやりたいことをやれるのか、世間に影響を与えられる仕事をしていけるのか、疑問を持ち始めました。そんな時にもらったのがこの話です。

6月1日よりGoogleに転職します

** **ポジションはDeveloper Advocate。いわゆるエヴァンジェリストです。今後はChromeやHTML5の技術を普及する立場に身を置きます。

周囲の方から、なぜGoogleなのか?なぜソーシャルウェブ担当じゃないのか?必ず聞かれるので、備忘のためにもここで理由をまとめておきます。

  • GoogleはOpenSocialをはじめとした、インターネットのオープン化、標準化を力強く進めてきた。
  • Google API Expertとして関わってきた経験からも、その魅力に間違いはないと確信していた。
  • 国際色豊かな企業なため、世界中のディベロッパーを相手にし、経験を積んで行くことができると考えた。
  • HTML5とブラウザという、インターネットに関わる全ての人が知っておくべき基礎となる技術を、表舞台に立って啓蒙できる事を、エキサイティングであると感じた。
  • ブラウザとソーシャルは今後、切っても切れない関係になって行く。その動きの一端を担う事ができると考えた。
  • 20%ルールの中でソーシャルウェブに取り組むことを認めてもらえた。

他にも細かい理由は挙げればキリがないですが、この辺りが主なものです。今の自分にとって、文字通りこれ以上は存在しないであろう選択肢を取ることができたのは、実にラッキーだったと思っています。

運営コミュニティの今後について

これまで運営してきたコミュニティについても、簡単に触れておきます。

SocialWeb Japanについては、可能な限り今後も自分で運営を続けていきたいと考えています。まだ5回しか勉強会を開いていませんが、取り上げたいテーマは日々積み上がってきているので、ずっと気にしています。(スタッフを継続で募集しています。興味のある方は、ご連絡ください。)

Google Buzz API Japanについては、Hackathonなど開きたいところですが、時間的余裕ができるか分かりませんので、しばらく様子を見させてください。

OpenSocialのAPI Expertのポジションは、当然ですが卒業します。代わりに別の優秀な方を推薦しようと思っていますので、俺かな?と思った方は、楽しみにしていてください :)

ご存じない方が多いかもしれませんが、開発者のための英語学習コミュニティEIGOBUは、自分のためにも継続していくつもりです。

最後に

今まで僕の活動やわがままに付き合ってくれた前職のチームの皆さん、僕を支えてくれた家族に感謝したいと思います。

特に妻は、僕がバイトをしながら職業作曲家をやっていた時に婚約し、ウェブの世界に入って就職した後も会社買収・転職といった紆余曲折を一緒に乗り越え、子育ての最中にGoogle転職というひとつのマイルストーンに辿り着くまで、信じて支えてきてくれました。

これから何がどうなっていくのか、僕にもまだ分かりません。ただ、Googleで働くことが楽しみでしょうがなく、これが僕にとって、人生の最大のターニングポイントになるであろうことは間違いなさそうです。

今後も、日本のウェブをより良くするために貢献していければと思います。

北村 英志

Read on...

Twitterが登場して数年。始めのうちは意味も分からず、ただ話題だというだけで使っていたのですが、今ではすっかり生活の一部になっています。自分でもちょっと中毒かも?と思う一方、同じように感じながら使っている人は少なくないのではないでしょうか?その勢いは留まることなく、日本での浸透率は上昇する一方。ネット業界人ではない友達でも、使い始める人がチラホラ出てきています。

大げさに聞こえるかもしれませんが、僕はこのTwitterを含めた、いわゆる「ソーシャルメディア」が、今後インターネットの大動脈になっていく、と考えています。今回はその理由について書いてみます。

※既に気付かれている方も多いとは思いますが、昨今言われている「ソーシャルメディア」は、言葉は同じでも、数年前のブログやYoutubeといった一方通行のサービスを指す言葉とは、明らかに異なっています。今でいう「ソーシャルメディア」は、まさにTwitterやFacebookのフィードを始めとする、双方向なマイクロブログを指しています。今回のお話はそれを前提に書いていますので、ご注意ください。

検索からソーシャルメディアへ

ソーシャルメディア以前のインターネット生活の中心は、間違いなく検索にありました。「検索結果に出ないものはネットに存在しないのと同義」とまで言われ、SEOやSEMといった手法や、関連する商売まで登場。新しいサービスやメディアを立ち上げるとあれば、広告を打つことと同時に、いかに検索の上位に載せるかで、一般ユーザーに見つけてもらえるかの分かれ目になっていました。それが最近、様相が変わってきたという統計があります。

このグラフはいくつかのサイトのトラフィック源をSNSとGoogleで比較したものです。自社サイトのトラフィック流入がこうなってくると、さすがにSEOばかりに気をとられている場合ではないことが分かると思います。

これまでは、無限に存在する情報の選別や整理をポータルサイトや検索が担ってきましたが、これからはソーシャルメディアがそのシェアを広げていくのだ、と理解しても大げさではないでしょう。

ディベロッパーにとってのソーシャルメディア

昨年mixiアプリが公開されて以来、ソーシャルアプリケーションの注目度は高まる一方。今はまさにゴールドラッシュと言えるでしょう。

ソーシャルアプリケーションが受けている理由はいくつかあると思いますが、何よりも重要なのは、サードパーティーが魅力的なアプリを提供してくれること。そしてそれを支えるのがコンテナとなるSNSの持つソーシャル性です。魅力的なアプリを体験したユーザーがそれを友達に教えて広げる、それを糧にディベロッパーがさらに魅力的なアプリを提供する。このサイクルがあるからこそ、成り立っているのがソーシャルアプリの人気なのです。

そして、このソーシャルアプリのクチコミを支えるひとつの要素が、いわゆるアクティビティストリームと呼ばれるもの。mixiアプリでも「アプリ更新情報」として表示されています。

実はこのアクティビティストリームも、ソーシャルメディアの一種です。僕はいずれmixiでも、ボイスと混ぜて表示されるようになるのでは、と踏んでいますが、そうなれば、さらにユーザーに伝わりやすく、強い影響力を持つようになるでしょう。

Foursquareを思い出してください。Foursquareでは、TwitterやFacebookと連携し、タイムラインに更新情報を挿し込むことで、その価値を高めてきたことは、先日の記事でも紹介した通りです。(言うまでもありませんが、FoursquareはSNS内のアプリケーションではないとはいえ、ソーシャルグラフやアクティビティストリームを活用しているという点で、ソーシャルアプリケーションの一種と言えます。)

このように、ソーシャルアプリにとって、ユーザーが普段見るタイムラインに入り込めることは、それだけで広告効果があります。そこにさらに、ソーシャルなクチコミ効果が加わるとなれば、ディベロッパーにとって、ソーシャルメディアが重要であることは、説明するまでもないことでしょう。1ヶ月で100万人集めるアプリが登場してきている一因は、ソーシャルメディアにあると思って間違いありません。

マーケターにとってのソーシャルメディア

ソーシャルメディマーケティングという言葉を聞いたことがある方は少なくないと思います。まさに、ソーシャルメディアを使ってマーケティングしようというお話で、最近マーケターの方たちの間では旬なトピックになっているようです。

専門外ではありますが、僕なりにソーシャルメディアマーケティングを定義すると「企業等がソーシャルメディアに入り込み、ユーザーとコミュニケーションすることで行うマーケティング」です。

ソーシャルメディアは情報の流通経路として、大変注目されています。これまでの検索を利用したSEO、SEMといったマーケティング手法から、ソーシャルメディアを使ったマーケティング手法に流行が移りつつあり、SMO(Social Media Optimization)、SMM(Social Media Marketing)という言葉もチラホラ聞こえるようになってきました。

ソーシャルメディアの持つ、先程説明したようなクチコミ伝搬力には、多くのマーケターが注目しています。この熱はしばらく続くでしょう。

参考ブログ

新しいテクノロジー

さて、ここまで紹介してきた内容だけでも、十分ソーシャルメディアの将来性が高いことは分かったかと思いますが、これだけではTwitterやFacebookがすごいだけでは?と思う方もいるかもしれません。なぜ、「TwitterやFacebookが大動脈になる」ではなく、「ソーシャルメディアが大動脈になる」なのか?それは、新たなテクノロジーが立ち上がり、今後様々なソーシャルメディアがシームレスに繋がっていく未来がそこまで来ているからです。

Social Media May Get Much More Convenient for Businesses

少しわかりづらいですが、この画面キャプチャはCliqset.comからidenti.caの僕のアカウントに対して、いわゆるMentionをした状態です。identi.caのアカウントは、Cliqset.comのアカウントをフォローしていないのに、タイムラインに現れていることが分かるでしょうか?(実はフォローすることもできます!)。

Cliqset.comは、いわゆるFriendFeedタイプのソーシャルメディアアグリゲータ。identi.caはstatus.netというオープンソースプロジェクトのデモサイトで、Twitterクローンながら分散型の構成が可能なマイクロブログプラットフォームです。いずれもActivityStreamsWebFingerSalmon ProtocolPubsubHubbubといった先進のソーシャルウェブ技術をいちはやく実装することで、これを可能にしました。

もうここまでできるなら、TwitterやFacebookに縛られる理由はありませんよね?ユーザーは、自分の好きなソーシャルメディアサービスを使っていれば、TwitterだろうとFacebookだろうと、自由にフォローし、相手がどのサービスを使っているか意識せず、コミュニケーションを行うことができるようになるのです。

これはつまり今後ソーシャルメディアが、TwitterやFacebook単体の人気向上に依存せず、発展していくことを意味しています。

まとめ

SNS運営事業者、ディベロッパー、マーケターからの支持に加え、特定サービスに偏らない利便性が提供可能になりつつあるソーシャルメディア。時代の流れは確実にソーシャルに向かっています。人間がコンピュータのスクリーンからブラウザを起動し、どのように欲しい情報にたどり着くか。そのための道筋が、ポータルサイトや検索から、ソーシャルメディアを中心としたものに変化しつつあることは、もう明らかではないでしょうか?

もしあなたがウェブサービスのディレクタだとしたら、どうやって集客しますか?もしあなたが新製品のマーケターだとしたら、どうやって宣伝しますか?もちろん検索について考える必要はなくなりませんが、今後はソーシャルメディアを使ったマーケティングについても、決して侮ってはいけません。むしろ積極的に活用することで、これまででは考えられなかったレベルで集客することも可能になってきているのです。

お知らせ

記事タイトルは若干釣り気味だった訳ですが・・・

このブログを読んでいるような人なら、Google Buzzについて知らない人はいないと思います。中には、もう全然見てない、なんて人もいるかも知れませんが、今回の記事の記事や、先日gihyoで公開したこちらの記事でもご紹介した通り、Google Buzzの真の価値は、まだまだ発揮されていないのが現状です。

実は今回ご紹介したCliqset.comやstatus.netで使われている技術は、Google BuzzのAPI開発と共に進行している背景があります。公開されたメーリングリスト上で仕様について意見交換される中で、先行して実装されたプロダクトがCliqset.comやstatus.netなのです。

つまり、Google Buzzは現在進行しているインターネットのソーシャルウェブ化の代名詞とも言えます。

そしてこの度、僕がこのGoogle BuzzのAPI Expertに就任したことをお知らせします。2年ほど前から務めてきたOpenSocialのGoogle API Expertもしばらく留任にはなりますが、長年夢見てきたソーシャルウェブの実現に少しでも寄与出来ることに、興奮しています。

また、しばらく前からGoogle Buzz API Japanというコミュニティも立ち上げていますので、技術者の方はぜひご参加ください。

日本で僕ほどのソーシャルウェブ馬鹿はなかなかいないと自負しております。今後とも宜しくお願いいたします。

Read on...

先日GoogleからGoogle Buzzというサービスが公開されました。

いわゆるフィードアグリゲータで、見た目は日本で言えばGREEかgooホーム、海外で言えばFriendFeed、Cliqset、Facebook辺りが近いでしょうか。タイムライン上のエントリにコメント、お気に入りが付けられるという構成の、一見実にステレオタイプで、あまり個性のないサービスです。

特徴といえばGmail上で展開されていること、Google Profileでも表示されること、その他5つくらいステージで言われていました。僕もリアルタイムで中継を見ていたのですが、これを流行らせるのは難しいかもな、という印象。

しかし、同時に公開されたAPIドキュメントページを見て、Buzzが単なるフィードアグリゲーターサービスを狙ったものではないことを読み取りました。また、これがいかに野心的で壮大、かつ僕がこの3年以上夢に見てきた理想のサービス像の具体的な答えであることに気付き、興奮を抑えられませんでした。

流行るか流行らないかは割とどうでもいい」とTwitterでつぶやいたのには、実は深い意味があります。それを解説するために書いた記事をgihyo.jpさんに掲載していただいたのがこちらです。

ソーシャルウェブテクノロジーに見るGoogle Buzzの本当の意味

ちょっと難しい話も含まれていますが、Google Buzzを使ってみて、流行るわけない、つまらない、という意見を持った方は、ぜひ一度読んでみてください。見る目が変わると思います。

Read on...

Foursquareとは

最近何かと名前を見かけるFoursquareですが、この記事を発端に、急に話題になっているらしく、昨日から僕のアカウントにも20以上のフレンドリクエストが届いています。僕も使い始めたばかりなのですが、話題になるだけあって、ありそうでなかった仕掛けがいくつも見受けられます。

基本的な内容としては、自分が実際に訪れた場所を、携帯電話やスマートフォンのGPS機能で検知し、その場で投稿する、という今までにもありそうなサービスですが、特徴的なのは:

  • ポイントやメイヤーシップ、バッヂを用いたモチベーションアップ施策
  • 大体の場所から、周辺のプレイスを選択してチェックインできるため、正確な現在地をアップする必要がない。
  • プレイスがまだ存在していない場合は、新たに登録でき、ポイントが貰えてインセンティブにもなる。
  • プレイスにティップスを残すことができ、例えばラーメン屋なら、うまいメニューを教えることができる。
  • あとから訪れた人や、友達のタイムラインから興味のあるティップスを見つけた人は、Todoリストに加えることで、あとで思い出すことができる。

こんな感じで、ユーザーが増えれば増えるほど、見るのが楽しくなるサービスです。まだ他にも魅力があるかもしれませんが、もうしばらく使ってみたいと思います。

ところで、このFoursquare、当たり前のように流行り始めていますが、実はいくつもの、今後当たり前になるであろうトレンドを押さえています。

近未来サービスの王道

ソーシャルである

なんだよ、当たり前じゃん、とか言わないでください。ええ、当たり前です。今後は、ほとんどのサービスがソーシャル前提になるでしょう。流行るサービスをクチコミで広めるには、よほどでない限り、ウェブ上でソーシャルに展開するのが有利なのは、このブログを読んでいるような方には、説明するまでもないと思います。

Foursquareでも、ソーシャルであることで、友達がチェックインした場所はもちろん、その場所のティップスを見つけやすくなっています。

Facebook Connect / Twitterに対応

新しいサービスがFacebook ConnectやTwitterに対応するのは、もう欧米では常識になりつつあるようです。いずれも、新規登録の煩雑な作業をスキップする目的でも、多くのサービスで役立てられています。FoursquareはFacebookでログインしても、結局いろいろ情報入力させられましたが・・・。うまいところは、ほとんど情報入力なしで登録することができます。

Foursquareで面白いのは、自分のプロフィールURLを決めなくとも、Twitterのアカウントを紐付けることで、TwitterのスクリーンネームがそのままURLになることです。(これはTwitterが海外でプロフィールページとしても認識されつつあることの証左ですが、この話はまた別の機会に・・・)

友達リストをインポート

今回僕が多くのフレンドリクエストをもらった理由のひとつに、Twitterのフォロワーから友達を見つける機能があったことも挙げられるでしょう。Twitterからインポートしたフォローリストから、既に登録済みのユーザーをフィルタリングして一覧表示し、クリックひとつでフレンドリクエストを出せるエクスペリエンスは、今後も様々なサービスが対応していくと思われます。もちろんFoursquareでは、Facebookの友達リストを使っても、同様のことができます。

アクティビティをフィードバック

ソーシャルサービスと連携する何よりの理由は、アクティビティストリームです。Twitterならタイムライン、Facebookなら最新情報にフィードバックを投稿できることで、繋がっているユーザーの注意を惹く事ができます。

また、このフィードバックにより、リアルタイムなイベントの共有も可能になってきます。例えばTwitter上のいっせいバルスや、昨年のクリスマスイブのUstreamによるDJプレイなど、最近ウェブ上では、Twitterを中心としたリアルタイムイベント共有が当たり前になってきています。

Foursquareでも、チェックインした時にアクティビティをフィードバックすることができますので、たまたま同じ場所にいることをTwitter経由で知り、落ち合うなんて話は珍しくなくなるでしょう。

iPhone / Android対応

ウェブサービスとセットで、iPhoneやAndroidで専用アプリを出すサービスも増えてきています。単純にスマートフォンで動きます、というだけでなく、「その場所だからできること」を生かしたサービスなら、嫌でもその傾向は強まるでしょう。

Foursquareはもちろんその典型例ですので、iPhone版もAndroid版もPalm Pre版も、アプリケーションが用意されています。

日本では?

それでは翻って、日本で同様のことをやってみるのはどうなのでしょう?各項目について、検証してみます。

  • ソーシャルである:
    これはまあ、当たり前ですよね。
  • Facebook Connect / Twitterに対応:
    Twitterに対応するサービスは増えてきていますが、Facebookは国内だとユーザーが少ないため、あまり積極的に対応はされていないようです。ここで思い出されるのは、mixi ConnectやGREE Connectの存在ですが、いずれもまだ一般に公開されていないため、今後に期待されます。
  • アクティビティストリームにフィードバック:
    これもConnect技術とセットで語られる部分ですが、受け側のアクティビティストリームの整備も重要になってきます。まだ国内のサービスでは、タイムライン(またはストリーム)という考え方が根付いているとは言えず、せいぜいGREEのひとこと機能が先日公開されたくらいです。mixiに至っては、mixiアプリのアクティビティストリームも最大限生かされていない状況ですので、Connect技術同様、今後に期待というところです。
  • iPhone / Android対応
    スマートフォン対応は、現在の国内の状況でも、すぐにできそうですね。

こうして分析してみると、国産サービス勢が手をこまねいている間に、Twitterのバイラル性を生かしたソーシャルサービスが登場してもおかしくない状況であることが分かります。いや、ぶっちゃけ狙い目です!

まとめ

今回はFoursquareを例に、近未来のソーシャルウェブ像をご紹介しました。もしどこがすごいのかわからなければ、逆に考えると面白いと思います。ソーシャルじゃなくて、友達リストがインポートできなくて、アクティビティもフィードバックできなくて・・・。イメージしてみると、過去に失敗した、似たようなサービスがあった気もしますよね。

今回のような特徴を備えたサービスとして、他にもニュースサイトのHuffington Postや、ローカル情報サイトのCitySearchもぜひ、チェックしてみてください。

また、一年近く前になりますが、最初のSocialWeb勉強会の冒頭でお話させていただいたソーシャルウェブの話が、まだかなり有用だと思います。ぜひこちらも改めて御覧下さい。

Read on...

日本時間で13日未明、SpreadsheetやDocs、Presentationなどのこれまでのフォーマットに加え、あらゆる形式のファイルが無料で1GBまで、1GB/$0.25/年で足せる、実質的なストレージ機能がGoogle Docsに追加されることが発表されました。

今回はクライアントソフトこそ発表されませんでしたが、既にAPIは公開されていますので、Google謹製であれ、他社製であれ、いずれはDropboxライクの強力なクライアントソフトが各種プラットフォームに登場することは間違いないと思います。楽しみですね。

ところでこのGDriveとも言うべきGoogle Docsストレージ、ソーシャルウェブにとってものすごく重要な意味がありそうです。

ソーシャルウェブとアクセスコントロール

僕は以前からウェブはOSの役割を果すようになり、ソーシャルウェブはその一躍を担うと主張してきました。ソーシャルウェブに関する持論はいくつかあります。

  • ソーシャルウェブはいずれ、意識する必要がないほど当たり前の存在になる
  • あらゆるサービスで利用できるアイデンティティが必要となる
  • ソーシャルグラフはアイデンティティと紐付けて持ちまわることができるようになる
  • ソーシャルグラフは携帯電話やテレビ、家電製品でも利用可能になる
  • ソーシャルグラフは共有や招待に加え、アクセス管理にも用いられるようになる
  • いずれはファイルシステムもソーシャルグラフを用いたACL機能を持つ

このうち、最後のACLについては、OSレベルの話なのでまだまだ先だとばかり思っていたのですが、、、

Google Docsの持つACL機能

実は今回のGoogle Docsストレージには、このソーシャルグラフを用いた強力なACL機能が備わっているようです。Google Docsを使っている方はよくご存知と思いますが、それはもともとGoogle Docs自体がアクセス管理機能を持っていたからに他なりません。

Google Docsでは、ファイルを作成すると、基本はプライベート、そこから操作で一般公開、グループへの公開、メールアドレスを指定して共有、などをすることができます。メールアドレスで指定する際はもちろん、Googleが誇るGmailのコンタクトリストというソーシャルグラフからオートコンプリートすることができます。各共有相手ごとに、閲覧・編集のアクセス権を分けることもできます。

この強力なアクセス管理機能が、Google Docsストレージに保存された画像や音楽、映像など、他の種類のファイルにも適用され、自分のローカルフォルダで管理できるとしたらどうでしょう?ファイルは常にクラウドと同期し、アクセス権は世界中のアイデンティティを相手に管理できる世界・・・便利だとは思いませんか?

これぞまさに、ウェブOSの世界だと思うのです。

まとめ

よくGoogleはSNSを持っていないから、、というような論調を見かけますが、それはあくまでアプリケーションプラットフォームとしての話でしかありません。今回のGoogle Docsストレージを例にとっても、Googleはそれを上回るウェブOSプラットフォームを着々と築き上げつつあるようです。

今後これらのサービスにChrome OSが加わり、GoogleのウェブOSはさらに強力なものになっていくでしょう。いずれFacebookやTwitterも、所詮はGoogleの手のひらの上、という状況になってしまう日が来るかもしれません。

Read on...