Tender Surrender

去る11月11日にリクルートメディアテクノロジーラボの「カフェ」でTokyo GTUG(Google Technology User Group) #4のイベントが開催されました。テーマはOpenSocialで、今回は「OpenSocialのアーキテクチャ」というテーマで講演させて頂きましたので、スライドを公開します。

Read on...

9月18日に会津大学で行われる会津ITサマーフォーラムで講演することになりました。僕のセッションでは「OpenSocialのアーキテクチャ」というマニアックなネタをお話をさせて頂く予定です。 また、せっかくの会津なのでMashup Awards5のキャラバンも兼ねて、翌19日にOpenSocial Hackathonも開催することになりました。 OpenSocial入門を執筆されたmixiの田中洋一郎さんやMTLの川崎有亮さんも参加されます。地元の方は滅多にない機会だと思いますので、ぜひご参加ください。 詳細と参加フォームはこちら: OpenSocial Hackathon in 会津

Read on...

Mac OS XをSnow LeopardにしたらPHPが5.3になってて、PartuzaやShindigを使うのにentropyを入れなくても済んで、とても素敵です。

しかし同環境でMySQLを使うのに、ちょっとごにょごにょしなければならなかったのでメモを残しておきます。(2009年9月現在の情報です)

MySQLをダウンロード

MySQLのバイナリをこちらからダウンロードします。このページの下の方にあるMac OS X(package format)の中から、(Snow Leopardは10.6ですが)Mac OS 10.5(x86_64)を選びます。

MySQLをインストール

インストールはGUIでできます。環境設定項目とスタートアップアイテムもインストールしちゃいます。パスも切っておきましょう。

~/.bash_profileを作るか、既にあれば下記を追記します。

PATH=$PATH:/usr/local/mysql/bin
export PATH

さらに

> source ~/.bash_profile

とかやれば、即時反映できます。

ごにょごにょする

ここからがポイント。

>  cd /usr/local/mysql
>  sudo ./script/mysql_install_db

そんで

>  sudo cp /etc/php.ini.default /etc/php/ini
>  sudo vim /etc/php.ini

とかやって、

mysqli.default_socket = /var/mysql/mysql.sock

の部分を

mysqli.default_socket = /tmp/mysql.sock

に書き換えます。

これで、MySQLを立ち上げ直せば、オッケー。環境設定からMySQLをスタートすれば、PHPでMySQLが使えるようになったはず。

追記

ちなみにこの設定はPartuzaの動作を確認したのみですので、他のことをやる場合はもう少しいじる必要があると思います。

Read on...

プライベートのブログに書いてた内容ですが、ぜひ紹介したいのでこちらにも。

勉強会などによく行くようになって、前々から個人名刺が欲しいとずっと思ってました。かといってよくある小さいサイズのはヤだし、名刺を作ってくれるサービスはたくさんあるのでなかなか手を付けられず・・・そんな時に見つけた記事がこれ。

ブロガー名刺、送料込みで1000円じゃすと!

デザインにこだわりたかったし、値段も安かったのでこれは!と思い、早速申し込みました。

フルカラー100枚ながら1300円、加えて何度でもデザインをやり直してくれるという太っ腹ぶり。お言葉に甘え、仕上がりまで1ヶ月程度を要しましたが、ついに完成しました。

ブロガー名刺という話でしたが、最近勉強会で会う人などにはTwitterが最も通じやすいので、Twitterをメインにし、OpenSocial関係はおまけ。肩書きはSocialWeb Japanにしました。もちろんブログのURLも入れて。

というわけで、仕上がりには満足してます。まだ嫁にしか渡してません。早く誰かもらって!

この値段でこの仕上がり、前川企画印刷さんに大感謝です!みなさんもどうぞ!

Read on...

「ウェブはソーシャルであるべきだ」。これは今の会社に
入社した2005年くらいからずっと訴えてきたことです。ソーシャルグラフをプラットフォーム化することで実現できることがたくさんあります。まずはポータルサイト全体をソーシャル化することを目標にし、作り上げたのがgooホームでした。

将来の構想はその時点で既にあって、いずれはポータル外のサイトとも接続して、インターネット全体がソーシャルグラフで繋がることをイメージしていました。そんな時に登場したのがFacebookです。

Facebookがやろうとしていたことは、SNSの中にサービスを取り込むという、僕の考えとは真逆でしたが、結果的にやろうとしていたことは似たようなもので、先に実現されたことにくやしい思いをました。そしてOpenSocialが登場します。

OpenSocialは仕様を民主的に決めて行くオープンなスタイルでした。オープン性のメリットは計り知れません。2つ以上のシステムを繋ぐのに、仕様から作るよりも、既に決まり事があれば話が早いのは火を見るよりも明らかです。技術的工夫もさることながら、コミュニケーションコストは大幅に削減できます。

さらに、オープンな仕様であればそれを使ったプロダクトが生まれやすくもなります。OpenSocial周りでも既に、よういちろうさんのOpenSocial Development EnvironmentOpenSocial Client Library、OAuth関連ライブラリ、そして僕の作ったOpenSocial Signed Request Libraryなど、様々なオープンソースプロダクトが生まれ、後発の生産性を上げています。

そんなOpenSocial関連プロダクトの中心となるのが、OpenSocialコンテナのリファレンス実装であるShindigです。

僕がOpenSocialの既存仕様を学ぶ上で紐解いたのものこのShindigでした。当時はまだ日本でほとんど手をつけている人がいなかったため、API Expertとして声をかけて頂いたのも、Shindigに関する情報をこのブログで公開していたためです。

その後実際にgooホームでディプロイするに辺り、様々なパッチを書き、Shindigの開発チーム提供してきました。(もちろん、OpenSocialの仕様自体にも口を出してきましたが。)そうこうしているうちに、1年半ほどが経過し・・・

このたび、Shindigのコミッターになりました。

PHP版ShindigのメインコミッターであるChris Chabot氏とは、PHP版の最初のコミット前から連絡を取り、昨年のGoogle IOでも直接お会いし、その後もメッセンジャーで話したりしてきましたが、そのChrisにShindigのコミッターに推薦して頂いたのです。

Apache Software Foundationでコミッターになるには、既存コミッターの投票が必要らしいのですが、これまでの貢献を認めてもらい、承認して頂きました。

PHP版Shindigは今や、全世界述べ5億人(!)が26以上のSNSで使っているといいます。にも関わらずフィードバックされていたパッチはそれほど多くなく、自分がやってきたことは貴重だったようです。

本来僕にとってOpenSocialというのは理想のSocialWebを実現するための道具に過ぎないのですが、少なくとも日本では実質的なデファクトであり、mixiやgooホームで使われているShindigというプロダクトは、その根幹を支えるものです。

今後はShindigのコミッターとしても、日本のSocialWebを作り上げ、支えて行ければと思います。

Read on...