Tender Surrender

OpenSocialアプリケーションを作る(1)

OrkutとMySpaceで自作アプリを動かしてみたので、そのレポートです。

まだ仕様が固まっていないのでグレーな部分も多いのですが、OpenSocialはGoogleGadgetと相性が良いらしく、OrkutもMySpaceも、hi5もGoogleGadget前提となっています。というわけで、今回はGoogleGadgetの基本的な作り方とOrkutへのアプリケーション追加方法の解説です。

ガジェットとは何か

GoogleGadgetはiGoogleで動くJavaScriptとHTMLで記述された簡単なアプリケーションです。JavaScriptとHTMLはXML上に埋め込み、設定内容もXMLに記述します。

< ?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<module>
 <moduleprefs title="Blah Blah Gadget"
  description="Gadget Example"
  author_email="***@***.com"
 >
 </moduleprefs>
 <content type="html">
.....
 </content>
</module>

XMLはこんな感じ。Contentの中にJavaScriptとHTMLを記述することで、その内容がiGoogle上やMySpace等のOpenSocialアプリケーションとして表示されます。

ガジェットはJavaScriptを許可していることから、XSSなどの脆弱性を回避するため、iframeを使って別ドメインで動作するようになっています(iGoogleの場合、gmodules.com)。Contentの属性であるtypeを”html”から”url”に変更し、hrefでURL指定すると、iframe内に自分の管理するサーバーを表示することも可能です。

GoogleGadget自体の仕様は掘り下げるとキリがないのでこの辺りで。詳細はリファレンスをご覧ください。

OrkutのSandboxアカウントを取得する

OrkutはGoogle直結ということもあり、OpenSocialの仕様が最も早く反映されるようです。そのOrkutのOpenSocial実験環境はSandboxと呼ばれ、通常のOrkutアカウントを拡張したSandboxアカウントを取得することで、利用可能となります。

アカウントを取得するにはコチラから申請を行ってください。申請が受理されるまでには数日を要するようです。

OrkutにOpenSocialアプリを追加する

無事アカウントの取得ができたら、実際にアプリケーションを試すことができるようになります。ちなみに、どこかのサーバーにGoogleGadgetのXMLファイルを置いておく必要がありますので、Geocitiesでも何でもいいはずですので、ファイルをアップできるところを用意しておきましょう。

Orkut1

Sandboxにログインするとこんな感じ。一見通常のログイン画面と変わりませが、一点だけ:

Orkut2

画面左にアプリケーションを追加するリンクがあります。クリックすると・・・

Orkut3

URLでXMLファイルを指定してアプリケーションを追加することが出来ます。(ちなみにアプリケーションディレクトリはいつもほとんどアプリがありません)

ここでは、僕の作ったアプリケーションで試してみましょう。URLに下記を入力します:

http://devlab.agektmr.com/OpenSocial/FriendIntroducer.xml

「アプリケーションを追加」ボタンを押すと、次の画面に遷移します。

Orkut4

ここでも「アプリケーションを追加」ボタンを押すことで、アプリケーションの追加が完了します。

Orkut5

こんな感じの画面が表示されたら成功。Orkut上に友達がいない方は、僕のアカウントに友達申請してくれてもOKです。

ひとまず、第一回はここまで。

comments powered by Disqus