Tender Surrender

Safari3.1登場

かねてから超高速!と話題だったWebKitの最新版から生まれたSafari3.1が、ついに登場しました。Windows版も同時リリースのようです。こちらは、ようやく正式版かな?

Safari3.1 About

スピードは言わずもがなですが、目玉は他にもあります。

  • HTML5に対応
  • CSSアニメーションに対応
  • CSS Web Fontに対応

アップルのリリースには掲載されていませんでしたが、実は個人的にものすごく注目していたのがオフライン機能。ウェブサイトがローカルにデータベース(おそらくsqlite)を構築できるというものです。

Safari3.1 DB

オフライン機能といえば、最近ではGoogleのGoogle Gears、 MozillaのPrism、AdobeのAIRと盛り上がってきている分野でした。これからのウェブブラウザは標準でオフライン機能と同期機能をサポートすることで、ネットに繋がっていることを意識させない利便性を持っていくでしょう。例えばGoogle Docsのように元々デスクトップで使われていたアプリのウェブ版 のサービスはその恩恵を大きく受けることになります。ユーザーはネットに繋がっていようといまいと、気にせず文書の編集に集中することが出来る訳です。

まだSafariでどのようにこのオフライン機能(データベース)が利用できるのかは調べていませんが、ぜひ試してみたいところ。APIが他と共通ならいいのになあとは思いつつも、おそらくそんな訳はなく。シェアという面ではAdobe AIRが勝算が高いと個人的には踏んでいますがね。

comments powered by Disqus