Tender Surrender

Mac OS Xアプリを管理する強力コンボ AppFresh / iusethis.com

最近のMac OS X用アプリには、自動的に更新をチェックしてアップデートしてくれるものも少なくありませんが、常に最新版を使いたい人にとって、そうでないアプリを管理するのは面倒なもの。チェック方法としてVersionTrackerや、デスクトップアプリケーションのLogicielMac Updateといった選択肢がありますが、いずれも今日紹介するコンボと比較すれば、つまらないものに思えてきます。

iusethis.com

iuserthis.comは使っているMac OS X用アプリを登録して共有するSNSです。

サイトにサインアップしてからimakeprofileというアプリを使うと、Macにインストールしてあるアプリを自動的にスキャンして、自分が主に使用しているアプリをiusethis.comに登録することができます。使用しているアプリが未登録の場合は、自分で追加することも可能。

登録したアプリは、サービスが最新版の情報を取得するので、更新が可能かどうかを調べることができます。もちろんレビューや、誰がそのアプリを使用しているのかを確認することもできます。さらには簡易的なSNS機能として、TwitterのようなFollow機能があるので、他の人のアプリ使用状況を追跡することもできます。

ちなみに僕が使用しているアプリはこんな感じ。

Facebookアプリも提供されているので、「俺こんなアプリ使ってんだぜ!」と叫びたいニーズも満たしてくれます。そのうちきっとOpenSocialにも対応してくれるでしょう。

AppFresh

AppFreshiusethis.comと連携して使えるソフトウェア更新ツールです。iusethis.comのデータベースから自動的に最新版を確認して、どれが更新できるかを知らせてくれます。その場でダウンロードからインストールまでまとめて行うこともできますし、ダウンロードのみ行うこともできます。Growlに対応しているので、ダウンロードやインストールが完了すると通知もしてくれます。

まとめ

AppFresh / iusethis.comは、SNSの楽しさで集めたユーザーに、アプリ開発者やサイト管理者の煩雑な作業を集合知として解決してもらうことで、くまなく幅広いアプリケーションの更新情報を提供可能とした最強のコンボと言えるのではないでしょうか。

※ちなみに、アプリの自動更新チェックには、RSS2.0のenclosureにアプリのリソースURLを入れるAppCastなるプロトコルが使われるケースが多いようです。

comments powered by Disqus