Tender Surrender

米YahooがOpenSocialに対応

本日米Yahoo!から、Yahoo! Open Strategy 1.0として、ディベロッパ向けにYahoo! Application Platform (YAP)Yahoo! Social Platform (YSP), Yahoo! Query Language (YQL)リリースされました。

Yahoo! Social Platform

プロフィールやアドレス帳、更新情報等、ソーシャルにまつわるAPIをRESTベースで提供するものです。認証機構にはOAuthを利用し、PHP版、Flash版のライブラリも提供されていますが、このREST APIはOpenSocial互換ではありません。

Yahoo! Query Language

SQLライクなコマンドを送信する事でYahoo! Pipesのようにデータ取得が可能なウェブベースのAPI。FacebookのFQLのようなもののようです。

Yahoo! Application Platform

Yahoo!上で動作する埋め込み型のアプリケーション。OpenSocialのガジェットプラットフォームは現時点ではサポートされていませんが、JavaScript APIは使えるようです。大きく2つのビューがあります。

Small View

HTMLまたはYML Liteのみサポート。JavaScriptはサポートされていません。YMLは、Facebookで言うところのFBMLのようなもので、 My!Yahoo等様々なページにパーツとして表示する事が想定されています。

Canvas View

**ディベロッパが指定したURLが出力したYMLをプロキシして表示するタイプのアプリケーション。Facebookライクな仕組みですね。もちろん、サーバーサイドでYahoo! Social Platformを使ったプログラムを書く事で、OAuthで認証を行い、RESTベースでソーシャルグラフを取得したり、コンタクトリストを取得したりすることできます。

また、OpenSocial JavaScript API(v0.8)にも対応しているので、クライアントサイドから更新情報を追加するといった利用も可能な様子。Cajaが利用されているので、セキュリティに気遣う事なく実装できそうです。(いつのまに実用レベルに達していたのでしょうか・・・)

時間のある時にでもサンプルアプリケーションを作ってみたいと思います。

所感

今回のYahoo!のリリースは、FacebookプラットフォームとOpenSocialのいいとこ取りといった感じ。ただし、OpenSocialに完全に準拠している訳ではないので、他で作ったアプリケーションをちょっとだけ書き換えて転用、という訳には行かなそうです。

例えば、クライアントからmakeRequestを使って外部サーバーのデータを取得するようなJavaScript APIは利用する事ができません。また、OpenSocialならHTMLを出力すればよかったものが、YMLを出力しなければなりません。等々・・(追記:Gadgets Core APIは利用できるようです。ただし、Pref、Viewなど、featureで指定する機能は利用できません。また、YMLは通常のHTMLに加え、独自タグを使って拡張した機能が使える、というもののようです。ただ、Caja対応のために外部スクリプトを読み込めないことが、他のコンテナに実装したガジェットをインポートする際の障壁になりそうです。)

ただ、世界最大のポータルサイトがOpenSocialに対応することの意義は大きく、今後の動きは要注目です。全体の戦略からすれば、OpenSocialの対応はあくまでパーツに過ぎず、今後のウェブのあり方を位置づける重要な意味を持ちます。先日行われたYahoo! Open Hack Dayのプレゼンテーションは必見です。

どんどんプラットフォーム化していくウェブと、その中で占めるソーシャル機能の持つ重要性が、日本でも認識される日はそう遠くないと思います。

結局 PWA は来るの?来ないの?

「PWAが来るって言っているエンジニアは今すぐ辞めろ」に対するアンサーソングです Continue reading

comments powered by Disqus