Tender Surrender

2009年のソーシャルウェブを占う

PlaxoのJohn McCrea氏が2009年のソーシャルウェブを予言しています。

それによると・・・

Facebookが最低でも1つ(OpenIDかOAuthが有力)のOpen Stackをサポートする

FacebookはアプリケーションプラットフォームとしてOpenSocial勢を大きく引き離し成長を続けています。現在のところOpenIDもOAuthもPortable Contactsも一切無視した、独自仕様で展開していますが、オープンな規格を取り込むことなどいつでもできること。状況次第でこのカードを切ってくる可能性は十分あり得ます。

Google、Yahoo、MicrosoftがそれぞれのウェブメールサービスでPortable Contactsをサポートする

OpenSocialのRESTful People APIと完全に一致したことで、Portable Contactsのスタンダード化はもう既定路線でしょう。他に有力なプロトコルもありませんので、Microsoftはともかくとして、Google、Yahooは必ず対応します。

Microsoftが少なくともOAuthを、Portable Contacts対応のため実装

MicrosoftがPortable Contactsに対応するとすれば、認証方法に独自プロトコルを用いるのは得策ではありません。なぜなら、OpenSocialがOAuthとPortable Contactsをセットで規定しているから。ディベロッパ寄りに考えれば、これも十分にあり得る選択肢です。

MicrosoftのWindows LiveがOpenSocialコンテナに

上記のいずれも、実はMicrosoftは独自の代替プロトコルを持っています。ガジェットプラットフォームとしても、Windows Live Gadgetがあります。しかし、ウェブサービス分野で遅れをとっている今、独自路線に固執するのは得策ではありません。OpenSocialに対応する可能性は皆無とは言い切れません。

Plaxoが伝統的メール/パスワードによるサインアップをOpen Stackによって完全に駆逐できることを証明する

これは、まあオマケですね(笑)

で、僕も考えてみました。2009年のソーシャルウェブを大予想!

GoogleがSNS化

以前にも書きましたが、Googleは着々とSNS化への準備を整えています。SNS化というと語弊があるかもしれません。SNSをプラットフォームとして取り込む、かな。

Google FriendConnectは対応サイトを手軽にSNS化できることが目玉のように言われていますが、僕はもっと違う狙いがあるものと思っています。仮にGoogleがiGoogleをOpenSocialコンテナ化した場合、当然友達リストはGmailのアドレス帳が筆頭になる訳ですが、実はGoogle FriendConnectで接続したアカウントもその候補なのではないか、とにらんでいます。

もしそうなった場合、複数のSNSに参加している人のアカウントはすべてGoogleに束ねられることになり、他の追随を全く許さない状況になってしまうのではないでしょうか。

(実はGoogleの人にこのことについて聞いたことがあるのですが、そんなevilなことしないよ〜と言ってました)

課金プラットフォーム流行

iPhoneのApp Storeはディベロッパにとって革命でした。一般のディッベロッパが自分の作ったアプリケーションを投稿するだけで、配布・課金までしてくれるプラットフォームはこれまでなかったからです。

これはソフトウェア開発に限った話ではありません。ビデオや音楽で似たようなことができるとしたら?2009年、こういった「モノを作れる人」がお金を得るための仕組みが新たなビジネスモデルとして盛り上がってくるのではないかと予想しています。もちろん、ソーシャルウェブプラットフォームと紐付けられるというのは大前提です。

広告プラットフォーム戦争勃発

Facebook戦略の次の展開は広告と言われています。レコメンドやターゲティングを行うプラットフォームとして、ソーシャルウェブ以上のものがあるでしょうか?Facebook Connectを活用することで、ユーザーに最適な広告を表示する準備は整っているはずです。そして当然、MySpaceやGoogleも同じ路線を取るだろうし、取ることができるでしょう。という訳で、広告プラットフォームもソーシャル化し、新たな競争が生まれるものと予想します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ソーシャルウェブにとって2008年は助走の期間、来年いよいよ勝負の年になります。欧米での今後の動きは、必ず日本にもやってくるでしょう。

ソーシャルウェブについて興味がある方はぜひ、SocialWeb Japanにご参加ください。

結局 PWA は来るの?来ないの?

「PWAが来るって言っているエンジニアは今すぐ辞めろ」に対するアンサーソングです Continue reading

comments powered by Disqus