Tender Surrender

FriendConnect実験中

本ブログ左サイドバーの下の方に、Friend Introducerという以前作ったOpenSocialガジェットをFriendConnect用に若干修正して追加してみました(2008/12/9時点)。

元々このガジェットは、キャンバスビューで自分の友達の紹介文を書き、プロフィールビューでその人に書かれた紹介文が読める、というものでした。Orkutやhi5等のsandboxで試していたものです。

しかし今回FriendConnectでガジェットを試して明確に分かったことがいくつか。

  • ブログは1面しかありません。そのためビューはprofileまたはcanvasから選択。FriendConnectのSocialGadget設定画面で決めることができます。
  • friendconnectフィーチャーというものがあるようです。具体的に何をするものなのかは不明。
  • Ownerはサイト。そういえば、FriendConnectガジェットを入れた時点では、自動的に自分がメンバーになったりはしていませんでした。Ownerは貼付けたサイトという仮想人格が担うようです。

ビューに関しては、profileビューにするとサイトがOwnerとして表示されるので、よくわからない状態。APIでプロフィールを取得するとどうなるかは未検証です。現在はcanvasビューで表示していますが、おかげさまで自分で自分の友達の紹介文を書くだけで、誰にも見せられないというしょーもないガジェットになっています(–;。

そういえば他のFriendConnectガジェットは右上にキャンバスビューに移行するボタンがありますね。どうやってこれを使うことができるんでしょう?時間があるときにでも追いかけてみたいと思います。

comments powered by Disqus