Tender Surrender

Snow LeopardにMySQLをインストールする

Mac OS XをSnow LeopardにしたらPHPが5.3になってて、PartuzaやShindigを使うのにentropyを入れなくても済んで、とても素敵です。

しかし同環境でMySQLを使うのに、ちょっとごにょごにょしなければならなかったのでメモを残しておきます。(2009年9月現在の情報です)

MySQLをダウンロード

MySQLのバイナリをこちらからダウンロードします。このページの下の方にあるMac OS X(package format)の中から、(Snow Leopardは10.6ですが)Mac OS 10.5(x86_64)を選びます。

MySQLをインストール

インストールはGUIでできます。環境設定項目とスタートアップアイテムもインストールしちゃいます。パスも切っておきましょう。

~/.bash_profileを作るか、既にあれば下記を追記します。

PATH=$PATH:/usr/local/mysql/bin
export PATH

さらに

> source ~/.bash_profile

とかやれば、即時反映できます。

ごにょごにょする

ここからがポイント。

>  cd /usr/local/mysql
>  sudo ./script/mysql_install_db

そんで

>  sudo cp /etc/php.ini.default /etc/php/ini
>  sudo vim /etc/php.ini

とかやって、

mysqli.default_socket = /var/mysql/mysql.sock

の部分を

mysqli.default_socket = /tmp/mysql.sock

に書き換えます。

これで、MySQLを立ち上げ直せば、オッケー。環境設定からMySQLをスタートすれば、PHPでMySQLが使えるようになったはず。

追記

ちなみにこの設定はPartuzaの動作を確認したのみですので、他のことをやる場合はもう少しいじる必要があると思います。

結局 PWA は来るの?来ないの?

「PWAが来るって言っているエンジニアは今すぐ辞めろ」に対するアンサーソングです Continue reading

comments powered by Disqus