Tender Surrender

Google Chrome Extension “Social Graph Analyzer”を公開

Mac版でもDevチャンネルでExtensionが使えるようになったことから、最近Google Chromeを使い始めました。Safariにはない拡張性と、Firefoxに勝る軽快さ・スピードを兼ね備えた、将来性の高いブラウザだと思います。とても使い勝手が良く、すでにメインブラウザとなりつつあります。さすがGoogleですね。

さて、そんなGoogle Chromeですが、Extensionの開発が簡単そうだったので、試しに作ってみました。それがSocial Graph Analyzerです。

使い方

インストールすると画面の右上に人のアイコンが出ます。使い方は、これを気になる人のプロフィールページでクリックするだけ。どのサービスのプロフィールページかは問いません。クリックすると、噴出しがポップアップし、その人が利用している他のサービスが表示されます。もちろん、サービスのURLはリンクになっていますので、クリックすればそのページが開きます。

分かる人にはわかるので、あえて中の仕組みは書きませんが、microformatやFOAFを使って情報が公開されて、繋がっていれば表示される可能性があります。

今後

将来的には、ページを見ただけで利用サービスの数をバッヂで表示したり、友達を辿ったりできればいいかなあと思っています。

主にTwitterのページで使うと便利だったります。ぜひお試しください。

ダウンロードはこちら:Social Graph Analyzer

結局 PWA は来るの?来ないの?

「PWAが来るって言っているエンジニアは今すぐ辞めろ」に対するアンサーソングです Continue reading

comments powered by Disqus